うみとさとみの日常

シーズー犬うみと飼い主Satomiが楽しく生活してみます

Max OSX Yosemite と Linux でシステムの timezone を変更する方法

Timezone変更の方法

システムのtimezoneを変更した際のメモです。 以下はMaxOSX Yosemiteで行った際のメモになります。

Mac Yosemiteでは

System Preferences > Date & Time > Timezoneから指定ができます。 これで画面上部の時刻表示の部分が管理されている様です。

Screen Shot 2015-03-24 at 11.23.02.png

あとで分かりましたが、これから紹介するtimezone変更方法を使って変更しても、ここで指定したTimezoneのまま表示されました。

システム的には

timezoneからlocaltimeを指定しているファイルは以下ににあります。

/etc/localtime

ここに書き込んである内容がlocaltimeとして使われるようです。

各timezoneのファイルは以下にあります。

$ ls /usr/share/zoneinfo
---
./           Asia/        Canada/      Egypt        GB-Eire      HST          Jamaica      MST7MDT      PST8PDT      Singapore    W-SU
../          Atlantic/    Chile/       Eire         GMT          Hongkong     Japan        Mexico/      Pacific/     Turkey       WET
Africa/      Australia/   Cuba         Etc/         GMT+0        Iceland      Kwajalein    NZ           Poland       UCT          Zulu
America/     Brazil/      EET          Europe/      GMT-0        Indian/      Libya        NZ-CHAT      Portugal     US/          iso3166.tab
Antarctica/  CET          EST          Factory      GMT0         Iran         MET          Navajo       ROC          UTC          posixrules
Arctic/      CST6CDT      EST5EDT      GB           Greenwich    Israel       MST          PRC          ROK          Universal    zone.tab

なので、↑から/etc/localtimeへ中身をコピーするなり、シンボリックリンクを貼るなりするといいかと思います。

$ sudo rm /etc/localtime; sudo ln -s /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

ちなみにJSTはJapan、UTCUTCにの中に記述があります。

timezoneを変更してみると

先述の通り、Macの時刻表示の部分は変化しませんでした。(正確には一度変更が反映されたけど、数秒後元に戻りました)

Mac上のアプリでは反映されていました。 PM 5:41の後TimezoneをJST->UTCに変更し、PM 6:35ころ、UTC->JSTに変更した際の、LINEの画面です。 ネコ型てっちん.png