読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satomi and Dogs

バーチャルな世界に住んでいた料理好きSatomiが美味しいご飯と犬と動物たちと牧草に囲まれた生活を目指す日記です

Line Developer Day 2015 に行ってきたよ (OvO)

Lineの裏側を知るカンファレンスに行ってきました!
簡単なメモというか、感想をつらつらと残します。

抽選だったので行けるかわからなかったですが、開催数日前に当選通知が来て、慌てて航空券をとりました!

渋谷ならヒカリエで行われたのですが、入り口からもうそれっぽい感じでした。

f:id:susanne:20150429075501j:imagef:id:susanne:20150429075457j:image

会場の中に入ると巨大スクリーン!WWDCみたい、、、


f:id:susanne:20150429075516j:image

お土産もいっぱいいただきました〜 もったいなくて袋から出してませんが、、、f^_^;)

f:id:susanne:20150429075531j:image

↓こんな横長スクリーン!いい使い方をした時の図。
f:id:susanne:20150429075550j:image

ランチもいただきました〜
私にはあまりにも軽食だったので、ヒカリエのレストランにも行きましたが、、、

f:id:susanne:20150429075606j:image


内容については


さて内容に関しては、いろんなまとめサイトやブログが上がってます。





ハッシュタグは #linedevday


雑感

私の感想としては、国際的な巨大トラフィックの人気サービスの裏側はどうなっているかな〜って想像きた時に、こんな感じかなぁ〜って想像してたのとだいたい合ってて、えへへ@ 'ェ' @ って感じでした!
答え合わせ的な笑 多くの参加者の人もきっと答え合わせしたことでしょう。

一番面白かったのは講演の端々に出てくる、講演者の内省が漏れ出したようなため息や愚痴でした笑

HBaseの話やLine Creators Marketの話、スタンプのレコメンドエンジンの話、iOS開発の話などは情緒深い雰囲気の講演で楽しかったです◎

大まかにざっくりまとめると、
・とにかくマイクロサービス
・スピード、高品質、適切な機能
トラフィックをさばく!
・ある程度落ちたりミスしても、安定したUXを提供できるくらいの設計を
・スケール前提の設計を、でもエンジニアは増えないorz
・UXを落とさない! (レコメンドやパフォーマンス)
・現実は理論通りにはいかない
という感じですか。

驚いたのはPerlが使われている部分があるということ。あとAngular 1.xも。なんとなく、LLは使わないというかweb感ないというか、そんな印象だったので。

とりあえずざっくりとした振り返りでした。

さて

この巨大なサービスの裏側を少し垣間見ましたが、この知見を活かせる日が来るようにしたいな!って思うのが常にありました。。。

わたしもこんなサービスを提供するぞ!って思いが強くなりました。もしかしたらこれが一番得たものかもしれません(OvO)