Umi and Satomi

シーズー犬うみと飼い主Satomiが楽しく生活してみます

犬アドベントカレンダー14日目 チワワ

チワワとの出会い

チワワは、結構な友だちが飼っていて、戯れさせてもらったり、写真や動画を見せてもらったりしました。

チワワがいる家庭はなんともキラキラ✨感があることが多くて、素敵だなぁって思っています😊

個人的にはあんまり接したことはありませんが、とても印象的な犬種です。

チワワとは

Wikipedia引用です。

世界的に公認された犬の中でも最も小さな犬種。メキシコのチワワ地域が原産地。

やっぱり チワワという地域で生まれた んですね。

英語名: Chihuahua

読めないです💦

チワワは、北アメリカにおいては最も古い犬種であり、テチチ(Techichi)として知られるアステカ文明の王族の時代から飼われ儀式の生贄とされていた、現状よりすこし大きい犬種の直系の子孫であると考えられている。人墓から一緒に埋葬されたテチチの骨も発掘されている。

アステカの頃からいる子なんですね。とても歴史があるようです。

後日もっと調べてみたいと思います。

チワワは、献身性と個性を持っており、それが重んじられる。機敏だが知性はなく独立心はある。 チワワは体が小さい恒温動物なので、寒さに弱い(ベルクマンの法則も参照の事)。食事に関しては、偏食の傾向が多く見られる。 多くのチワワは彼らの愛情を1人の人間に集中させる傾向があり、誰にでも愛想良く振る舞う性質でない事が多い。反面主人の他の人との人間関係や他の犬を可愛がる事にやきもちをやくケースも見受けられる。 また大部分のチワワは非常に大胆で無謀な面がある。超小型犬という体格ながら、より大きな動物(大型犬など)にも臆せずに対峙する。チワワの、特に仔犬を管理なしで屋外に放すことは極めて危険である。 多くのチワワは野外探検を楽しむ。 チワワは同種に対する忠誠心を持っているため、他の犬種以上にチワワどうしの親交を好む可能性が高い。基本的に住宅用ペットであるという評判にかかわらず、チワワは非常に好奇心が強く、屋外(例えば公園やハイキングコース)の光景と臭いを調査して楽しむことが多い。

このあたりはとてもわかります。

チワワが大型犬に吠えまくっている風景をとてもよく見ます。

犬種によって性格にある程度特徴があるというのは、遺伝的なものなのでしょうか?それとも文化的なもの?

気になります。

最後に

f:id:susanne:20161214085838j:plain

f:id:susanne:20161214085849j:plain

www.youtube.com