読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satomi and Dogs

バーチャルな世界に住んでいた料理好きSatomiが美味しいご飯と犬と動物たちと牧草に囲まれた生活を目指す日記です

犬アドベントカレンダー16日目 シュナウザー

シュナウザーとの出会い

シュナウザーといっても、ミニチュアシュナウザーとは、お散歩中によく出会います。

うちの子を迎え入れて、ワンコとのお散歩をするようになるまで、シュナウザーという犬種を知りませんでした💦

酷いですね。。。

ですが今は、ミニチュアシュナウザーの可愛さがとてもわかってきて、彼らと出会うと嬉しくなります😊

シュナウザーとは

Wikipediaさんに聞くと、、、

シュナウザー(Schnauzer)はドイツ原産のイヌの品種。「シュナウツァー」とも。鼻の周りが長い毛で覆われているのが特徴で、「シュナウザー」という名前はドイツ語で口髭を意味する。サイズによって次の3種類に分けられる。 ミニチュア・シュナウザー スタンダード・シュナウザー ジャイアント・シュナウザー ともに共通の祖先に由来するものの、性格としてはそれぞれ異なった個性をもっている。 他に、ブラック・ロシアン・テリアはロシアン・ベア・シュナウザー(Russian Bear Schnauzer)の別名でも知られる。

大きく三種類に分かれるんですね。

私が知っているのは主にミニチュアシュナウザーなので、今回はミニチュアシュナウザーについてを。

日本やアメリカではテリア・グループに含められるが、テリアの血統はまったく入っていない。他のテリア種はイギリス原産であるのに対し、ミニチュア・シュナウザーはドイツを原産国とする。ただし、毛質が剛毛でトリミングが必要なことや、小型獣の狩猟を得意とすることなど、テリアに近い性質をもつ。日本に入っているテリア・グループの犬で、その名に「テリア」が入っていないのは、ミニチュア・シュナウザーだけである。 生まれたばかりのころは尾は長いが、すぐに短く切り落とされる。耳も元々は垂れ下がっているものが多いが、一部を切り垂直に立った耳にする場合もある。

私にはまだこのグループというのがよくわかりませんが、ミニチュアシュナウザーは曖昧なのですね。

古くからドイツにいたスタンダード・シュナウザーの小ぶりな個体を基礎に、スタンダード・シュナウザー、アーフェンピンシャー、プードルなどを配合して小型化した。

色々掛け合わされているんですね。

最後に

f:id:susanne:20161214171548j:plain

f:id:susanne:20161214171555j:plain

www.youtube.com