Umi and Satomi

シーズー犬うみと飼い主Satomiが楽しく生活してみます

犬アドベントカレンダー21日目 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバリアとの出会い

キャバリアの子たちとは、未だに絡んだことがありません。

友だちの家でも、近所のお散歩でも、出会ったことがないです。

なので、殆どしらないのですが、おそらくイングランド辺りで、皇族などに寵愛を受けたのではないかなぁと思っています。

キャバリアとは

wikipedia情報です。

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル (Cavalier King Charles Spaniel) は、イギリス産の小型犬の一種。スパニエル種に分類される。 名称の「キャバリア」とは、騎士という意味である。騎士らしく雄々しい感じがすることから。「キャバリア」には騎士道精神の持ち主、特に女性への礼を尽くす男性という意味がある。また、「キングチャールズ」とは、イングランド王チャールズ1世・チャールズ2世がこの犬を溺愛したことに因む。

やっぱりという感じですね⭕

とてもよく名前に表現されています。

長らくイギリス王室の愛玩犬として愛されてきたが、18世紀になるとトイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)にかわって、ヨーロッパでは短吻種の犬が流行、その影響を受けパグなどを交配し出来た犬種が、現在のキング・チャールズ・スパニエルである。 19世紀はじめ、チャールズ2世時代の絵画を見たアメリカ人、ロズウェル・エルドリッジが、その姿の復活を求めて25ポンドという、当時としては莫大な懸賞金をかけた。その結果、ブリーダーたちは競ってキング・チャールズ・スパニエルから時折産まれる、先祖返りしたタイプの個体を元に、ついにチャールズ2世時代の絵に近い個体を固定化させ「キャバリア・キングチャールズ・スパニエル」と命名した。

かつてトイ・スパニエルがいて、一度短頭種のワンコと交配を経て、現在のキング・チャールズ・スパニエルが誕生し、その後先祖返りを狙って、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが誕生したのですね。

なんというか難しいですね。大きな計画な感じですね。

そしてやっぱり人間の手の入り方が凄いです。

そしてまた、病気の多い犬種の様です。

このあたりはキャバリアの出生と関係あるのでしょうか?

ギャラリー

f:id:susanne:20160819014236j:plainf:id:susanne:20160819013819j:plain